美容院で振袖の着付けをしてもらった

category01

成人式や親戚の結婚式で今までに3回ほど振袖を着た事がありますが、全て美容院で着物を着付けてもらいました。


私は、一応着付教室に半年ほど通ったのでゆかたくらいなら自分で着れますが、着物、特に振袖となると自分一人では無理です。

振袖の場合は特に袖の袂が長く、帯も特別な結び方をするし、ヘアメイクも特別なのでいつも着付けをしている人でないと難しいと思います。まず、私服を着て美容院に行きますが、頭から脱ぎ着する服でなく、前ボタンなどすぐ脱げる服がベストです。


私が着付けをしてもらった美容院は親娘で営まれている所です。
まず始めはメイクからしてもらいました。
着物に似合うメイクですが、地味ではなくそこそこ派手にという感じです。そしてそのあとヘアセットしてもらいます。

髪の毛をアップにしてもらい髪飾りを付けました。

その時はまだ私服なのでTシャツのような頭からかぶる物では脱げなくなります。
その様になっては困るのでブラウスなどの前ボタンを外すと脱げる服が便利という事なのです。着付けの前に足袋を履き下着に当たる長襦袢などを着ます。

そして最後に着付けです。着崩れないように腰や胸辺りを締め付けます。


着物を着たら帯ですが、結構幅もあり、締め付けるので苦しくもなります。
帯揚げや帯〆を締めたら出来上がりです。


初めての時は苦しくて、また着物の重さもあり歩く事も大変でしたが、着る回数が増えると何となく慣れてきます。

これからも和服を着続けたいなと思っています。



知らなきゃ損!

category02

母が看護師で助産師も兼任して今産婦人科で勤務しています。母は男の僕にも自分の仕事の話をけっこうしてくれていたので、子供の頃は助産師になりたいと思っていましたが日本では助産師は女性しかなれないということを母から聞き、それならばと産科医になりたいと思うようになっていました。...

subpage

女性らしくいるには

category02

僕は今年の春高校を卒業しましたが、目指す大学に進学できなかったため現在予備校に通いながら受験勉強を続けています。小さい頃からよく遊んだり面倒を見てくれていた叔父が、腎臓を悪くして長い間透析に通う生活をしていました。...

subpage

豆知識

category03

子供の頃から骨格標本が好きで整形外科医になりたくて医学部を志望しています。成績はそうでもありませんでしたが、学校の授業をおろそかにせず、赤本を使って受験準備をしています。...

subpage

オススメ美容法

category04

子供の頃、大きな怪我をしてお医者さんに助けていただいたことがあります。「女の子だから」といって傷をなるべく残さないように縫ってくださり、今ではほとんどわからないくらいになっているのですが、そんな経験から外科医を目指して勉強してきました。...

subpage